マクトリンで頭痛スッキリン

マクトリンの効果について解説

マクトリンの効果について

マクトリンは非常に辛い偏頭痛の症状を解消することを目的に製造された、偏頭痛緩和様鎮痛剤です。マクトリンはマクサルトと呼ばれる非常に強い効果がある頭痛薬のジェネリック医薬品です。

したがって、使用時の効果はマクサルトと同等のものとなっており、非常に素晴らしい偏頭痛緩和効果を発揮してくれます。

偏頭痛の発症によって毎日の生活に支障が出ることがある、動くこともできないほどの偏頭痛に頻繁に苦しめられている、そういった全ての偏頭痛に悩む人にマクトリンはオススメできます。ここではマクトリンの効果等について簡単に紹介を行っていきます。

マクサルトとは

マクサルトは主成分としてリザトリプタンという物質を使用した偏頭痛緩和効果がある鎮痛剤です。

マクサルトの特徴として、主成分であるリザトリプタンが脳のセロトニン1B受容体という部位に対して作用するという特徴があります。

詳細な作用の仕組みについては改めて別項にて説明をしますが、簡単に紹介をするとマクサルトは脳内物質であるセロトニンの受容体という部位に対して作用します。

そうすると片頭痛の原因である脳内の血管の拡張を抑制し、片頭痛の痛みが発生するのを抑制します。

こういった特殊な作用の仕方をするため、このマクサルトは偏頭痛緩和に対して非常に強い効果を発揮する鎮痛剤としてて有名です。

マクトリンの効果

マクトリンの効果としては、偏頭痛によって発生する痛みや光や匂いに対しての過敏になる現象、吐き気や嘔吐といった症状を緩和する効果があります。まず初めに偏頭痛が発生するメカニズムについて簡単に紹介します。

偏頭痛というのはセロトニンが脳内で過剰放出され、血管が収縮することによって起こります。セロトニンの放出によって血管が収縮すると、反動によって血管が急激に拡張します。そうすると拡張した血管が、三叉神経と呼ばれる脳神経の一部に対して接触し、圧迫や刺激が加わります。

その結果、こめかみや眼の奥といった部位に対して脈動に合わせて発生する痛みなどの現象が起こるようになります。頭痛には多くの症状が存在しており、症状によっては鎮痛剤の服用によって痛みを和らげることができるものもあります。

しかし偏頭痛の痛みはセロトニンの分泌によって発生する血管の拡張が原因となり起こる症状です。そのため、一般的な鎮痛剤では痛みを抑制することができず、治療の際にはセロトニンの分泌を抑制するような特殊な作用がある医薬品を服用する必要があります。

マクトリンの主成分であるリザトリプタンはセロトニンの分泌が原因で発生する血管の拡張を抑え、三叉神経に対して血管が接触しない状態を作ることによって、痛みが酷くなるのを抑制します。

そして同時に、脳が痛みを感じた際に分泌する神経ペプチドと呼ばれる物質が放出されるのを抑制する効果がリザトリプタンにはあるため、痛みの軽減や炎症反応の沈静化なども行うことができます。マクトリンは服用後非常に短い時間で効果が現れるため、痛みが現れた直後に服用すると、頭痛が悪化する前に痛みを抑制することができます。

マクトリンを開発したスマート社

マクトリンはインドのジャイプールに本社を構えるスマートメディサイエンス社が製造と販売を行っています。スマートメディサイエンス社は2013年に設立した非常に新しい製薬会社ですが、品質の高い医薬品を販売していることから、世界各国でスマートメディサイエンス社製の医薬品が販売されています。

スマート社の製造する医薬品は販売国に合わせてパッケージや商品名を変え、現地の言葉で商品名などを記載するといった工夫が行われています。

したがって、初めてジェネリックの製品を購入する際に感じる言葉の違いから生まれる不安を感じにくく、安心して使用できるという特徴があります。

また、製品の種類によっては日本人スタッフが監修し開発されている物もあるため、成分配合量を日本人の体格に合わせ、少なく調節している場合があります。こういった理由から、日本でもスマートメディサイエンス社製のジェネリックは非常に高い人気があります。

まとめ

偏頭痛によって発生する激しい痛み、吐き気などによって起こる不快感、これらの症状は鎮痛剤では解消することができない症状です。その理由は偏頭痛がセロトニンの過剰分泌によって発生する現象だからです。

セロトニンの分泌によって血管が収縮し、その反動で血管が拡張する事によって三叉神経を刺激し、痛みや炎症が起こる事によって偏頭痛特有の症状が起こるようになるのです。

こういった症状を改善する際に有効なのが、スマート社が製造するマクサルトのジェネリック、マクトリンです。

マクトリンを服用することにより、短時間で偏頭痛の痛みを抑制し、辛い症状を解消することができます。