マクトリンで頭痛スッキリン

頭痛薬の種類について解説

頭痛薬について

頭痛が発生した際には鎮痛剤を使用する人が多くいます。鎮痛剤は体に対して発生する痛み全般に対して効果のある医薬品で、頭痛以外の多くの症状に使用することができます。

しかしそういった全身に対して効果がある鎮痛剤よりも、頭痛に対してピンポイントに作用する鎮痛剤があります。それは頭痛薬と呼ばれる医薬品です。

頭痛薬には複数の製品が存在しており、医療用医薬品だけでなく市販品として販売されているものもあります。頭痛薬にどういった種類の製品が存在しているのか、そしてどういった仕組みで作用するのか、といった頭痛薬に関する情報を紹介します。

辛い頭痛は鎮痛剤ではなく、頭痛薬を使用してより確実な治療と改善を行っていきましょう。

頭痛薬の種類

最初に頭痛薬にはどういった種類の製品があるのかを紹介します。頭痛薬には多くのものがありますが、系統としてはまず医療用医薬品として扱われるトリプタン系頭痛薬、そしてドラッグストアなどでも購入できる市販薬、漢方薬、そして最後に頭痛の発生を予防する頭痛予防薬があります。

各製品で頭痛の解消方法などは異なっているので、次項からは各頭痛薬の作用の仕組み、そしてどういった製品が存在しているのかを紹介します。

トリプタン系製剤

初めに紹介するのはトリプタン系頭痛薬です。

トリプタン系頭痛薬の特徴として、偏頭痛の症状を緩和する働きが強いという特徴があります。まず偏頭痛というのは、神経伝達物質の一つであるセロトニンの過剰分泌が原因で発生する症状です。

セロトニンが過剰に分泌された状態になると、血管をきつく収縮させたような状態になります。そしてその後、収縮の反動によって血管が拡張し、血管が三叉神経と呼ばれる部位に対して接触します。

三叉神経はこめかみを中心に顔の全体に広がるような三叉の神経で、この三叉神経に対して拡張した血管が接触すると周辺に炎症反応が起こり、脈動のたびに炎症を起こす部位が痛みを発するようになります。

トリプタン系頭痛薬はセロトニンの分泌に対して影響を与え、血管が拡張し痛みを発生させるのを抑制することによって、痛みの原因となる炎症が発生しないようにする作用し、偏頭痛の症状を抑制します。

トリプタン系頭痛薬はこういった作用の仕方をするため、偏頭痛の症状が発生する前に治療薬を服用したとしても効果を発揮せず、痛みが現れ始めてから使用することによって、初めて効果が現れるようになります。

トリプタン系頭痛薬として有名な医薬品にイミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、アマージ、マクサルト、そしてマクサルトがあります。これら医薬品は形状や使用方法といったものに特徴があり、イミグランであれば点鼻薬や自己注射剤などがありますし、マクサルトやゾーミッグは口腔内崩壊錠として使用できるものがあります。

また、レルパックスとアマージは作用時間が他のトリプタン系頭痛薬に比べて長くなっているため、長時間痛みが続く偏頭痛の症状緩和や再発予防に有効となっています。

また、トリプタン系頭痛薬の中でも特に使用者数が多いマクサルトに関しては、マクトリンなどジェネリックの製品が多数存在しているため、使用時の負担を減らしやすくなっています。

市販薬

次に紹介するのは市販薬です。

頭痛薬には市販薬として販売されており、調剤薬局まで行かずともドラッグストアなどで購入できる製品も多く存在しています。

頭痛の症状には偏頭痛だけでなく緊張性頭痛、群発頭痛という症状がありますが、この内市販薬で治療が可能なものは緊張性頭痛が大半です。

というのも、偏頭痛と群発頭痛は脳内の神経伝達物質などが原因となって発症する症状であるため、市販薬での治療が非常に難しくなっています。

それに対して緊張性頭痛は目、首、肩といった頭部周辺の筋肉の疲労や緊張で発生する症状のため、市販薬でも緩和や改善が可能となっています。

市販薬として販売される頭痛薬には、ロキソプロフェンナトリウム製剤、非ピリン系鎮痛剤、ピリン系鎮痛剤の3つがあります。

ロキソプロフェンナトリウム製剤はロキソニンを始め、ドラッグストアなどで頻繁に見かける消炎鎮痛剤です。

この製品は身体が痛みを感じた際に発生するプロスタグランジンという「痛み物質」が体内で生成されるのを抑制し、痛みを抑える働きがあります。

非ピリン系鎮痛剤は有効成分にピリン系と呼ばれる物質が使用されていない消炎鎮痛剤です。

イブやバファリンプレミアムといった鎮痛剤が非ピリン系鎮痛剤に該当します。

非ピリン系鎮痛剤は服用後、胃の内部で溶けて胃の細胞に取り込まれます。

そうするとプロスタグランジンの生成が抑制され、胃の痛みなどを抑制します。

そして同時にロキソプロフェンナトリウム製剤と同じく、頭痛の痛みの原因となるプロスタグランジンが生成されるのを抑制し、痛みを抑えます。

最後にピリン系鎮痛剤です。

ピリン系鎮痛剤はイソプロピルアンチピリンと呼ばれるような成分が使用されている鎮痛剤です。

イソプロピルアンチピリンは市販されているピリン系鎮痛剤の成分の中でも安全性が高いものですが、アレルギー体質の人の場合、服用時にアレルギー反応が起こる場合があるため注意が必要です。

セデス・ハイ等の商品がピリン系鎮痛剤に該当します。

漢方薬

漢方薬は東洋医学の中でも日本独自の考えである「漢方医学」の理論に基づいて作られ、処方される医薬品になります。頭痛に対して効果の強いと言われている漢方薬としては、葛根湯や桂枝人参湯、呉茱萸湯と呼ばれる物があります。

これらの漢方薬は習慣性頭痛、緊張性頭痛と呼ばれるものに対して効果が強い漢方薬です。

次に五苓散、これは雨の直前など気圧の変動によって発生する頭痛の症状に対して効果が強いと言われています。

漢方薬はどのようにして作用するのか、という厳密な作用機序が判明していない物も多く存在しており、現在研究が進められているものでもあります。

近年の研究の結果、セロトニン神経への作用によって症状を抑制する、サイトカインと呼ばれる物質に対しての作用によって症状を抑制する、といった科学的な根拠が判明し始めています。

上記の頭痛に効く漢方薬、葛根湯や桂枝人参湯、呉茱萸湯、五苓散などの漢方薬には桂皮(シナモン)が配合されています。桂皮に代謝を良くする、体温を上昇させる、痛みを取るといった作用があると言われているため、頭痛を初め痛みに関係する症状の改善に用いられる漢方薬には非常に多く使用されています。

頭痛予防薬

頭痛が発生した後に使用するトリプタン系頭痛薬など、痛みを抑える働きがある医薬品とは違った働きをする医薬品として、頭痛予防薬があります。

頭痛予防薬はその名前の通り、頭痛が発生するのを予防する働きがある医薬品です。

具体的な医薬品としてはβ遮断薬、カルシウム拮抗薬、アンギオテンシン変換酵素阻害薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などがあります。

これらの医薬品はどれも偏頭痛の発症予防に対して非常に強い効果があり、月に2回以上偏頭痛の症状が発生するという人に対して、医療機関で予防療法として処方されます。

β遮断薬は高血圧や冠動脈疾患、頻拍性不整脈といった症状を合併症としてもつ偏頭痛患者に処方されるものです。

マクサルトの有効成分であるリザトリプタンと併用が禁忌になっているため、使用時には注意を払う必要があります。

カルシウム拮抗薬は降圧剤として使用される医薬品ですが、偏頭痛の予防効果が非常に強く、恒常的に使用する事によって偏頭痛の発作が発生する頻度が大幅に低下することが知られています。

アンギオテンシン変換酵素阻害薬は高血圧の治療を行う際にACE阻害薬というものを服用した際、同時にアンギオテンシン変換酵素阻害薬ヲ服用すると、偏頭痛の症状が軽くなります。

抗てんかん薬は月に2回以上の発作症状が起こる場合、バルプロ酸ナトリウムという成分を含む抗てんかん薬を経口摂取し続けると、8週間で発作の発生回数が減少することが知られています。

最後に抗うつ薬、抗うつ薬はセロトニンの代謝に対して影響を与える医薬品のため、偏頭痛の予防時に使用されます。

また、緊張型頭痛と片頭痛を併発している際は抗うつ薬が非常に優れた効果を発揮することが知られています。

特にアミトリプチリンという三環系抗うつ薬は偏頭痛と緊張型頭痛を併発する人の治療に頻繁に使用されています。

予防薬を使用した頭痛対策は最低でも2ヶ月、基本的には3ヶ月から半年と長期間継続することによって行われるため、予防治療を行う場合、長い目で見ながら改善を行う必要があります。

まとめ

頭痛には偏頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛と多くの症状があります。

これらの症状を改善する際に用いると、一般的な鎮痛剤を使用するよりも優れた効果を発揮する医薬品が「頭痛薬」です。

頭痛薬にはトリプタン系頭痛薬、市販の頭痛薬、漢方、そして頭痛予防薬と4種類の製品があります。頭痛薬の種類によって作用メカニズムは違っており、改善可能な頭痛の症状も違っています。

したがって、頭痛薬を使用する際には症状に適応した物を使用するよう心がける必要があります。

また、頭痛予防薬の中には特定の頭痛薬と併用すると危険な症状を引き起こすものが存在しているため、併用の際には注意を払うようにしましょう。